ローソンでは微妙にクレジットカードを使うのが面倒。

1.「クレジットカードでお願いします」と店員さんに自己申告する。

2. 端末にカードを差し込む。

3. わりと待ってからカードを引き抜く。

という手順。

店員さんに「ハイ」と渡せば良いだけのファミリーマートやセブンイレブンよりも、けっこう面倒だ。面倒なのが嫌でローソンに行くのをためらうレベル。

端末がレベルアップしてくれないだろうか。

最後の四桁がフォーセブン -7777 のカードを持っていたけれど、紛失・再発行してカード番号が変わってしまった。

以前の話。

気に入っていた番号だったのだけど、仕方なく再発行手続きをした。

しばらくはかなり残念な気持ちになった。

ちなみに「銀行ATMにキャッシュカード一体型のクレジットカードを置き忘れる」というかなり危ない忘れ方をしていた。

カードを紛失・再発行すると番号も変わってしまうので注意しよう。

マクドナルドではサインレスでクレジットカードが使える。

いつの間にか時間は進んだものだ。ホットティー一杯を頼むのにもクレジット払い。素晴らしい。

ちなみにマクドナルドでは、店員さんにカードを渡す必要冴えない。客が自分でカードを端末に差し込む仕組みだ。

店員さんに「クレジットでお願いします」と言ったら、カード読み取り端末が光り始めるので、カードを差し込み、決済が終わるのを待ってから引き抜こう。

要するに「差せば良いだけ」。

他の店と方式が違うので最初はちょっと戸惑うかもしれないが、だんだんと慣れてくるはずだ。

 

IMG_4671

コンビニでクレジットカードが使えると気づいてから、交通系ICカードはほぼ不要になった。

しかもサインレスで一瞬で使える。レジの人にカードを渡すだけだ。素晴らしい。

コンビニで一番スムーズな支払い方法は、今のところクレジットカードじゃないかと思う。

交通系ICカードより優れているところ

ICカードの場合だと、カード名を言わなくちゃいけない。それから「カードをかざす」「反応を待つ」というかなり煩雑な手順が発生する。

クレジットカードであればこの手順は不要だ。ただ店員さんにカードを渡せば良いだけ。なんとも素晴らしい。

チャージも必要ないし、コンビニ系列によってカードを使い分ける必要もない。

コンビニでキャッシュレス支払いするなら、クレジットカードで決まりだ。